不始末(仮)
音MADとかDTMとか。
プロフィール

fushimatsu

Author:不始末/fushimatsu
>>ニコニコ動画のユーザーページ
My Profile by iddy
fushimatsu@gmail.com



Twitter



マイリスト



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



FC2カウンター



>> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>> 参加するなど
声を小さくして、お知らせです。
『GINGA』というVOCALOIDの新レーベルに加わることになりました。
http://www.gingaweb.net/

詳細は↑のURLを見てほしいのですが、
いままでのVOCALOIDの王道とは違った音楽を扱う、というような趣旨のレーベルです
(まさにこのレーベルに関わることができて嬉しく思います)。
まずは最初のリリースとして8/31に発売されるコンピレーションアルバムに参加します。

うーん。
ボカロでの活動歴がすごく浅いので恐れ多いですが、これからも風変わりなものを作りたいです。


スポンサーサイト


>> 「つた」と「うた」はにている
「みみずワーズ」の歌詞にちょこっとツタが出てくることとは関係ないけど、「つた」と「うた」の類似について考えていました。

「つた」と「うた」は似ています。文字が。
発話されるときはツタのツが無声音になるので、音としてはあまり似ていないかもしれません。

ツタの語源は「伝う」らしいです。
壁を這うツタの形状から張り巡らされた神経やケーブルを連想できるのも、語源からすれば当然なんですね。

ツタと歌は「伝う」という意味で結ばれていて、ツタには形があり、歌には形がありません。だからといって「歌をツタにたとえよう」というアイディアは安直すぎて没です。両者を意味的に接近させたいならば、ツタの他の特徴に着目するべきだと思います。
たとえば「ツタは緑色、歌も緑色」とか(この例はまったくナンセンスです)。

僕は半分勘違いしていたのですが、ツタ(蔦)というのはブドウ科ツタ属の植物を指す語で、壁を這って伸びるあの形状の茎じたいはツル(蔓)と呼ぶんですね。
ツタ - Wikipedia
ツタとツルがごちゃごちゃになっている人は多そうな気がします。

ツタは英語で"ivy"です。クールな単語だと思います。
VocaloidのVY1は並べ替えるとIVYになりますが、関係ないですね。
おそらくVocaloid YAMAHA 1の略です。

TSUTAYAでは歌のCDが借りられますが、「つた」と「うた」の類似が由来ではないみたいです。
CDやDVDが借りれるTSUTAYAの名前の由来って何ですか? - Yahoo!知恵袋

なんで無駄にこんな例を挙げるかというと、「つた」と「うた」の類似について過去に考えた人がいたのかな、ということが気になるからでした。ちょっと検索したくらいでは出てこなかったので、過去に気付いた人はあまり深く考えずに忘れ去ってしまったのかもしれません。


うーん。
だからどうした、って感じのエントリですが、こういう小さなことばの縁を大切にしたいです。
想像力の種ですからね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。